BLANCARTE

Curiosity killed the cat, but I love being curious. 軽妙洒脱にいきたいだけ

ROBE issue.2 “Hero in mind” | #ヒーローと私 #ROBEtabloid

issue.0issue.1につづき、今週月曜日からROBE issue.2が発売となりました。ずばりテーマは「Hero in mind」。

きちんと書いた方がいいんだろうけれど、誌面の座談会であれやこれやと話しているので、今はあまり書きたい意見も感情もありません。あはは。その代わりっちゃわけじゃないけれど、今回初めてプレイリストをこしらえてみました。

これについてはいくらか書きたい。

まず「HERO in mind というテーマに合う曲をチョイスした」わけではありません。どちらか(どれか?)というと準備期間に聴いていた曲たちとお伝えしたほうが齟齬がない。できあがりから紐解かれたのではなく、できあがりに至るまでに聴き古されるどころか褪せなかった曲たちを選びました。タブロイドを読んでいるさなかにフッと音が絡みつく瞬間があるかもしれないし、買ってくれない人も曲からどんな号だったか妄想膨らませられたら、それはそれで面白いかもね。いつの日か答え合わせをしましょう、付き合います。

音楽が、言葉以上のなにかを誰かと共有してくれるのかなと、淡い期待を込めました。

途中、ハルキ・ムラカミみたいに特定の分野(彼の場合はジャズ)ほうがいいかしらと、一瞬脳裏を掠めたもつかの間、何を隠そう、リック・ネルソンの「Garden Party」を教えてくれたのは、紛れもなく『辺境・近境』なのでした。

できればシャッフルせずに一曲目から一気に聴いてみてください。すると、きっと、気持ちいいと思います。

 

また今回、文筆家・イラストレーターの大石蘭さん、書道家の万美さん、シンガーソングライターのNao Kawamuraちゃんという、尊敬する未来のヒーローたちが登場してくれています。三者三様、人生は誰かの真似をしないことで始まるという、当たり前のことを気持ちいいくらい背中で語る女史たちです。

そして友人たちから嬉しい意見、そう見てくれるっていうのはとても嬉しい。(ヒッキー、35歳のお誕生日おめでとう!)

 


– Hero in mind
ヒーローが私たちに見せてくれるのは、孤独と希望。越境レディ的ファッションシュートが見たい方へ。

photo : Masaru Kato
model : Taro Imai
styling : Takuya Miyazaki ・ Azu Satoh
edit : Azu Satoh

– My Hero is…. 20人が語る「私のヒーロー」
ショップスタッフ20人に聞いた「私のヒーロー」たち。それぞれのストーリー、ヒーローのバリエーションが見たい方へ。

– 座談会「私たちのヒーロー論。」
ヒーローが見せてくれるのは、ただの光ではなくて形のある、奥行きのある光。ROBEメンバーとイラストレーター・文筆家 大石蘭による「ヒーロー論」が気になる方へ。

– ピックアップアーティストインタビュー
次世代を担うアーティストをいち早く見つけたい方へ。

アーティスト:
万美(書道家)
Nao Kawamura(シンガーソングライター)

– 編集後記
ROBEの本音を知りたい方へ。


– FIND ME ON

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 BLANCARTE

テーマの著者 Anders Norén