BLANCARTE

Curiosity killed the cat, but I love being curious. 軽妙洒脱にいきたいだけ

S for ShokoのSHOKOさん


S for ShokoのデザイナーのSHOKOさんに久しぶりにお会いしてきました(仕事)。
尊敬するかっこいい(可愛いのは言わずもがな)大人のひとりで、東麻布にあるこのお店はわたしにとってのパワースポットのひとつ。行くといつもティーでおもてなししてくださり、そのおもてなしの心がわたしは行くたびに心奪われる。

というのも、〈先ずは好きなものに目を向けてみて〉 〈不要なものは勝手に離れていく〉といった、いつも必要としていた言葉を言ってくれるから、その度に、前を向く力を勝手にもらっているのだ。

http://robe.tokyo/2016/12/16/sforshoko-myfavouritethings/
ROBEでは、S for Shokoの本店にて取材をしています。
S for Shokoのアイデンティティを求める人に共通する点や、コレクションの紹介、そして悩める20-30代女子へのSHOKOさんがかけてくださった言葉はお世辞なしに心に刻んでいただきたい。時間はだれにも平等で、有限だから。吸えるものは吸うべきだ。

先日も渋谷のラジオにSTYLERの翼さんが出演されたり、間接的にご縁を感じています、昨今。渋谷系も大人になってからとっても感化されました。いまでも土曜日の午前中は〈ロリポップ〉を流すと快適ないちにちが約束された気がするのです。

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 BLANCARTE

テーマの著者 Anders Norén